IBM、1674万円賠償…県立高・個人情報流出

 2006年度に神奈川県立高校に在籍した全生徒約11万人の個人情報がインターネット上に流出した問題で、県教育委員会は29日、授業料徴収システム開発を請け負った日本IBMが損害賠償など約1674万円を県に支払う協定を締結したと発表した。締結は28日付。

 内訳は、昨年11月〜今年4月に県教委が設置した相談窓口の職員延べ52人の時間外手当など損害賠償金約1374万円と、下請け業者の個人用パソコンに情報を保存させていたことに対する違約金300万円。
(2009年9月29日 読売新聞)

↓を考えるとIBMとしてはだいぶ安く済みました。
クオカード代だけでも約7,500万円。郵送代も約1,200万かかって
ますからね。IBMの担当者はラッキーと思っていると思います。

大手芸能事務所、アミューズ(東京都渋谷区)は顧客情報が流出した事件で、メールやカード情報などの個人情報が流出した可能性がある全14万8680人に500円分のクオカードを送ると2009年8月25日に発表した。9月初旬から順次発送する。
posted by ウィッツ | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。